04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

かーくんのその後 

5月8日頃に孵化した気配があったかーくんのおうち。
毎日観察を続け雛の姿を確認したのが5月14日。
最初は赤い口がパカッと開いているのが小枝越しにチラリと写せる程度でしたが、だんだんと頭が見えるようになり、孵化後10日くらいで眼が開き始めた。
そして今日、一瞬でしたが4羽いる⁉︎
う〜〜ん、何羽が成長できるでしょう・・・。

IMG_5008.jpg
お母さんもカワイイんですけど〜。。

IMG_5011.jpg

雛の目は青いと本で読みましたが、ほんとハスキーみたいなブルー。



カテゴリ:

tb: --    cm: 0

芽吹き 

IMG_4605.jpg

種まきから約2週間。
ちょっと撒きすぎた感満載ですね(;^_^A
でもかのターシャも「亜麻は密に植えること」と言っています。
秋と春に土を起こして雑草抜きをしているのでかなり少なくなりましたが、やっぱりスギナは元気。
花が満開になる2ヶ月後が楽しみです。
宿根の亜麻は蕾ができ始めて、こちらは6月には咲きそうです。



カテゴリ: 亜麻栽培記録

tb: --    cm: 0

17年度の亜麻糸 

昨年採れた繊維を糸にしました。
注意して紡いでるつもりなのに、
わ〜、ここ繊維のままじゃん! 切れる〜〜〜!
と泣きが入ります。



左が17年度の糸玉。
右は16年度のものです。
毛羽立ちは格段に抑えられたかなと思います。

2015年から始めた亜麻繊維の採取。
4年目の亜麻は、今日一斉に芽吹きました。


カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

亜麻仕事、始まります! 

IMG_0067.jpg

4月中旬に堆肥を入れ土作りをしておいた畑に、今年も亜麻を植えました。
4月30日、この日は夜に雨が降るという予報だったので種まきのチャンスです。
猫の額ほどの畑なので種が余る余る。。。

発芽したらまた記録しておきましょう。



カテゴリ: 亜麻栽培記録

tb: --    cm: 0

かーくんの営巣 

この辺を縄張りにしてるハシボソガラスのかーくん。
今年ついにうちの樹に巣をかけました。
1週間前から抱卵を始め、産座に座りっぱなしのヨメのためにかーくんがゴハンを運ぶ。。

IMG_4519.jpg
ゴハン・・・。

IMG_4522.jpg
とーちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

IMG_4526.jpg
ちょーだいちょーだい‼︎

IMG_4530.jpg
早く次頼むヨ!


ちょとピントが甘かったですが、カラス観察楽しい♪

松原始氏著の『カラスの教科書』という本が出版されています(文庫にもなってるよ)。
カラスの生態が事細かにユーモラスに描かれ、大変面白い。
うちのかーくんたちの行動も、すべて教科書通り。
最新刊は、まさかの写真集(あとがきにそう書いてある)『にっぽんのカラス』。
早速買いましたー。



カテゴリ:

tb: --    cm: 0

ハーダンガー刺繍のベルプル 



手づくり手帖vol.11に載っていた御園二葉先生デザインのベルプル。
布と糸が残っていたので刺してみました。
台布のフェルトが少しピンクすぎたかしら。。。
パールビーズは、天然石ビーズに凝っていた頃に集めた本物を使いました。
で、タッセルの代わりにガーネット、白蝶貝、ピンクのベリルを連ねたペンダントを。



カテゴリ: 手芸

tb: --    cm: 0

教科書には載っていないこと 

かがりの途中で糸玉を作る「ピコット」。
テキスト本の写真に比べると私の作るピコットはちょっとデカい。
う〜〜ん、書いてある通りにやってるのになぜだ〜〜。
で、あっと閃いたことをやってみたら、
ちょっとちっちゃくなった!
まぁ、考えてみればそうだよな〜くらいのことなんだけど。

一歩前進。(^^)





カテゴリ: 手芸

tb: --    cm: 0

今月の手芸 

冬休み中に作りました。
『羊毛フェルトで作る小さな動物雑貨』
という本に載っていた羊のモビール。
これはリビングで撮った写真ですが、今はお店のレジ上でゆらゆらお散歩中。
IMG_4311.jpg


『織り糸を抜いて、かがる ハーダンガー刺繍』
より、ランチョンマット。

3ヶ月かかってやっと刺し終えたのに、最後の縁のカットで失敗しました。
刺繍糸まで切っちゃった箇所がいくつか。。。
ま、そうなったら心置きなく普段に使えるかもね〜。(泣)

もう一枚分の材料が残ってるのでまた頑張るか。


ブルーベリーサプリ飲もう。




カテゴリ: 手芸

tb: --    cm: 0

2018年の運を早々に使い果たした件 

あけましておめでとうございます。

元日の情報番組でダイヤモンド富士を見ながらおみくじを引くというコーナーがありまして、テレビ画面の右下におみくじが早送りされスマホで撮って引くという趣向でした。
ゲストコメンテーターたちもモニターに向かってスマホを掲げておりました。
で、撮ってみたら。。


大吉当たったーーー!

一発で当たったよー びっくりーーー!
普段占いは信じてないしこの大吉のこともすぐに忘れてしまいました。
そして昨日。

実家の両親に1年ぶりに会うため札幌へ。
ついでに街の中心部にある老舗手芸店に、前々から欲しかった織り機の備品を買いに立ち寄りました。
目的の2品と、おっコレもあるの⁈的な小物を手に取り、あーコレも欲しいよなーなものはお値段が張るので諦めお会計。
この日は新年初売りの福引がありました。
さすがは老舗。福引のくじも可愛い千代紙で手作りですよ。
青が大好きな私ですが、たまたま手に触れた赤いくじを開けるとレジのおばさまのテンションが上がった!
「特賞が当たりました! 1万円分のお買い物券よ!」
木田GM補佐が乗り移ったのか自分⁈
有効期限は今年いっぱい。 札幌にはたまにしか来ないしどうしていいかわかんなくなってると夫の助け舟が。
「アナタ、さっきのアレ買えばいいじゃない!」
あ、そうだ! アレねー。 
ということで、さっき諦めたソレを求めたのでありました。

IMG_2732.jpg

まだ組み立ててないのよ〜。

でもこの日ゲットしたモノを使えば経糸かけがグッと楽になるのです。


そしてやっぱり糸だ。 糸を作らねば。




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

鼻笛 

オカリナ庵(いおり)さんからクリスマスプレゼントをいただきました。
ありがとう、akkoちゃん!
IMG_2725.jpg

鼻笛です。

真ん中にある孔が歌口で、上部にあいた孔から鼻息を吹き込みます。
顎や舌を上下させ、口腔内容積を調節して音階を作り出すというむずい仕組み。
口笛と要領は同じなんだけど、鼻息を連動させなきゃなので慣れるまでの道のりが長そうよ。

左は以前いただいたもの。
右が今回ので、より顔面にフィットして操作性が↑しているように思います。

ちなみに小さな丸い穴には紐を通してマスクのように固定できる仕掛けらしい。
両手が空くので一発芸にはもってこいですね。
インカの仮面みたいでお気に入りのデザインです。うれすぃ(⌒∇⌒)


聞きかじった話ですが、どこかのお国では口で吹く笛よりも鼻で吹く笛が神聖なものとされているそうです。
口は嘘をつくけれど、鼻では嘘をつけないから、ですって。



カテゴリ: オカリナ

tb: --    cm: 0