FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

2018年度の亜麻糸 

昨年採取した亜麻繊維を紡いで糸にしました。



ボビン二つ分を紡いで、その後撚り合わせて双糸とします。
繊維全部の重さを量って2等分して紡いでいきます。


IMG_0844.jpg

双糸の出来上がり。
左から16年度、17年度、18年度の糸玉。
段々きれいな糸になってきました。
左端はボサボサで縄みたい(笑)

早く何か織ってみたいですね。
今は織り機が塞がっているのでそのうちに・・・。





スポンサーサイト

カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

亜麻のヒンメリ 



乾燥して繊維を取り出すばかりになった亜麻茎を見てみたら、中心に細い穴が。
これヒンメリ作れるじゃん!
ってことで、なるべく太めの茎を選び出す。
意識して細めに育てているから使えそうな茎はほんの少し。
中に通せる細い針は短いものが多いから大きなものは作れない。
針がギリギリ通る4センチと少し小さい3センチで作ってみました。
糸もリネン糸です(市販のだけどね)

茎も亜麻色だね。



カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

17年度の亜麻糸 

昨年採れた繊維を糸にしました。
注意して紡いでるつもりなのに、
わ〜、ここ繊維のままじゃん! 切れる〜〜〜!
と泣きが入ります。



左が17年度の糸玉。
右は16年度のものです。
毛羽立ちは格段に抑えられたかなと思います。

2015年から始めた亜麻繊維の採取。
4年目の亜麻は、今日一斉に芽吹きました。


カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

そして亜麻糸 



手紡ぎのリネン糸でヘリンボーン。
写真ではわりと綺麗に見えますがキ○ノン様のお力ですw
ほんとは毛羽だらけの麻紐状態なのよ〜。

以前お客様からいただいたすっごく綺麗な細〜〜いリネン糸があるので、それで何か作れたらな。
ほんとにちょー細いので撚りあわせから始めましょうか。




カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

亜麻づくし 

最近はホント亜麻の話ばかりになってます。
お盆明けに古いギターを修理してもらったり
ボーボーに伸びてた髪にストレートパーマかけたり(!)
ハーダンガー刺繍も頑張ったり、と
日々の暮らしを営んでおります。が、
やっぱメインは亜麻仕事。

アナンダさんから購入し、残り少なくなった色違いの繊維を混ぜて紡いでみました。
IMG_2403.jpg

それを織ってみると・・・
IMG_2500.jpg
平織りでも表情のある布になりました。
2枚に切って普段使いの布巾にするつもりだったので、緯糸の足りない部分は残った経糸で(テキトー)。

ちょっと厚みがあるし、このまま端をミシン処理してマットにしちゃった♪


今使っている織り機はクロバーの「咲きおり」。
でももっと密なものも織りたくなってきちゃったな。
どーなる俺⁉︎


カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

デューレッティング 

収穫した亜麻を水には漬けず地面の上で腐らせる方法を「デューレッティング」と言います。
今年は実験的に10束ほどをこの方法でやってみました。
今日繊維を取り出してみたら、、、

IMG_2507_20170904153527dea.jpg
一般的に言われている「亜麻色」になりました。
水処理したものよりも少し繊維が脆いように感じます。

ちなみにウォーターレッティングはこちら。
IMG_2498.jpg

どちらも柔らかな繊維です。
今年はホントにうまくいった〜〜〜〜!







カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

flax breaker 

ダンナが得意の大工仕事で、亜麻を砕くためのブレイカーを作ってくれました!
IMG_2485.jpg
永く使うものだからと、材を奮発して頑丈なのが出来上がりました。
私も穴あけとヤスリがけと蜜蝋仕上げを担当しましたー。

完全な乾燥状態ではないけど、ひと束持ってきて早速ガシガシ。
IMG_2486.jpg
おお、砕けるぜ!

ハックリングするとこの通り!
IMG_2487.jpg
とっても柔らかいです。

今年の分でどのくらいの量の糸になるかな。
作りたいものはほぼ決まっています。






カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

キラキラの繊維 



レッティングが終わりました。
昨年よりも茎が細かったのと、後半気温が上がってちょっとヤバそうな雰囲気になってきたので、1週間で引き上げました。
茎が細すぎて繊維が出ないんじゃないかとも心配しましたがこの通り!
キラキラです。
しかも細い!
昨年のとは違う感じが。。。 成功したかも!
これを手にすると、悪臭との戦いにも報われた感がひしひし・・・!
今日の気温は29°C。
このままがっちり乾燥させます。

で、気温が下がるであろう9月に第2陣のレッティングをします。




カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

レッティング 

またこの季節がやってきました。
収穫した亜麻を腐らせるレッティングの時期。
2日に収穫して乾燥させていた茎からタネを外して、水に入れたのが12日。
ですのでこの写真は4日経ったものです。
昨年は30℃超の猛暑の中で大発酵してしまい、臭いもひどく慌てて水洗いをしたものでした。
今年は涼しい日が続いているのでなんとなく順調っぽい。

IMG_2436.jpg


もうひとつ、こちらは地面の上で腐らせる方法。
これも昨年は、並べた途端に土砂降りの長雨が続き水没。
ナメクジやワラジ虫の格好の餌場となってしまい、これも失敗。
今年は剪定で出た小枝などをスノコ代わりに敷いてみました。
雨が3日ほど続きましたがほどよい小雨と今日の晴天。
こっちもなんとなく順調かもよ?

IMG_2435.jpg

海外のサイトを見てみると、芝生の上に並べている写真が多かった。
できればそうしたいなぁ。
(と、さっき蒔いた芝のタネに期待w)



カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

そろそろ収穫 



時々遅刻組の花が数輪咲きますが、ほとんどは種になってしまいました。
茶色く熟した種はちょこちょこと摘み取っています。
茎の方は8月に入ったら収穫します。
昨年失敗したデューレッティングをもう一度やってみようかな。
去年は寝かせた後に長雨でぐちょぐちょに水没したのでした。
直接地面につかない方法を考えてみよう。



カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。