09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日のぽろろん 

名付け親さんちに連れてって、音色を聴いてもらいました。
まだまともに弾けるのは「サリーガーデン」だけなんだけどさー。(^-^;

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

お庭のお客さま 

ハシブトガラ

シジュウカラ

庭の夏椿の実を食べに野鳥がやってきます。
シジュウカラ・ハシブトガラ・ゴジュウカラなんぞが来ます。
春先はスズメに混じってアオジも来るし、カワラヒワも見かけます。
恵まれちょるな♪

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

ぽろろん♪ 

友だちに名前をつけられてしまった。
「ぽろろん、元気~?」とか言うんだもん(笑)
えーと、私のライアには『シーリー』と名前をつけたんだけど、
カエルもシーリー、ブログもシーリーじゃちょっとアレかなぁとも思うので、もう「ぽろろん」でもいいです。(^^;


相変わらずヘタです。
たどたどしいからゆっくりでしか弾けないし、もともとジャカジャカ弾くタイプの楽器じゃないしね。
ゆ~~~っくりポロロンしてると、、、
        寝ます。(-.-)Zzzzz....



そして練習はスローペースのまま(爆)
華麗にポロロンできる日はいつ来るのだろうか。



日ハム勝った!!
あさっての試合もがんばれよー! あーっ残業のある日だ!(泣)

カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 2

カメラ持ってけばよかった 

このあたりの校区の、保育園~大学の吹奏楽部や合唱部が出演する「丘の上音楽祭」ってのに行ってきました。

もうずいぶん長いことやっている催しですが、初めて来てみたよ(^^;
去年も行こうと思っていたら、長電話につかまっちゃって行けなかったの。

鳥ヲの高校の出番に合わせて出かけたので、全部は見ませんでした。
その前後の、カナタの中学の合唱部ともうひとつの出演高校の吹奏楽部。
その高校は私の母校でもあるのだけど、なんと私が習っていた音楽の先生が指揮してましたよ。
現役なのかな。 それとも嘱託かなんか?
とにかくお元気な様子でよかったわ。

鳥ヲの高校は、「ピンクパンサーのテーマ」とディスコ音楽のメドレー。
オバサンの年代にはうれしい選曲だったりして(^_^;)
14人の小所帯な部だけど、各楽器のソロで盛り上げるなどの演出が楽しかった♪

カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 2

雪虫の飛んだ日 

冬が近いことなど忘れてしまいそうな小春日和の昼下がり、
ヤツラは飛び始めます。

冬の使者ですね。
天使か悪魔か。。。 
どっちかっつーと後者だな。(笑)

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2

ストーブ基準 

ストーブを焚く時期。
以前は10月半ばを目安に、室内での洗濯物の乾き具合をみて決めていた。
うちではけっこう我慢するほうだったんだけどね。
しかーし、8年前インコを飼い出してから状況は一変した。
 
連中はオーストラリア原産。 寒さには弱い。
人間はフリースやらセーターやら着込めるけど、奴らは一張羅。
しかも年中裸足(笑)

ぴーちゃんの体にそっとほっぺを寄せると、いつもはほかほかの羽毛がひんやりしている。 嘴も冷たい。

ストーブスイッチオン!

ぴーちゃんもコーヒーカップのあったかさが恋しい季節

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2

痒い 

先週あたりから体が痒くてたまらんです。
季節的にも乾燥してきたしね、乾皮症? なんだか年を感じてしまいます。
ああ、痒い。。 ローションぬりぬり・・・。

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

東川散策 

大雪山の伏流水

大雪旭岳源水を汲みに東川町へドライブ~。
道内で唯一上水道のない町なんだってー。
水おいしいですわ。
しかーしこんな看板が・・・
出るですかーーーーっ!


お腹がすいたのでおされなカフェでお昼ご飯。
そこの庭にまだ咲いてました。 もう種だらけなのにケナゲだね。

季節外れの亜麻の花

カテゴリ: 道端

tb: --    cm: 3

22年 

22年前、私は病院での実習に明け暮れる学生だった。
病棟に出ても、学生にできることはそんなになく、手持ち無沙汰に病棟内を漂う毎日。 そんな中その人は入院していた。
浮遊学生にとって、訪れる病室があることほど嬉しいことはない。
その人も病気を抱えながらの出産を控え、心細かったことだろう。
私たちの訪室を楽しみにしてくれていた。

以来年賀状をやりとりする間柄に。
その時生まれた赤ちゃんが年々成長していく姿は、なんだか我が子を見ているようで嬉しかった。

昨日その人から突然(つか、初めての)電話をいただいた。
旭川に所用で行くことになったので会えないか、というものだった。
仕事を終え、待ち合わせ場所に一目散。
一度見た顔は忘れない本領発揮ですぐに見つけれた。
積もる話で時の経つのはあっという間。
子どもさんには事あるごとに私の話をしてくださっているそうだ。
こんな私が、誰かの人生の中に居場所をいただいているとはにわかには信じがたいが、ありがたいことである。

「いつか会えたら渡そうと思っていた」と用意してくださった絶版の絵本をお土産に頂いた。
ありがとうございます。 賢治、大好きです。

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2