10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

きさらぎクリスマスバージョン 

これまでの『きさらぎ』にボーナストラック2曲を加えた
クリスマス版ができました。

クリスマス

「グリーンスリーブス」と
賛美歌「まぶねのなかでしずかに」を追加収録。

こちらで、通常版の試聴ができます)

取り扱いは麦々堂
またはこのブログのメールフォームからどうぞ。

よろしくお願いします。<(_)>

カテゴリ: オカリナ

tb: --    cm: 0

・・・っしょ 

まあ、どうでもいいことかも知れないんだけど。。。



北海道弁で、語尾が「しょ」というものがあります。
最初にこれをメジャーにしたのは某インスタントラーメンかな?
『う○いっしょ』ってやつですね。

で、これが全国的に知れ渡っちゃって、北海道民であっても
文字にした時「・・・っしょ」と書く人が多いです。
(新聞の投稿や、記者さんの文章でも)
でもさ、
自分で声に出した時
「・・・っしょ」って言う?

この「っ」はほとんど発音されないはず。
しても、わかるかわからないか程度のはず。

テレビのCMなんかではっきりと「・・・っしょ!」とやられると
すっごく違和感なんだよぉ。。
せめてネイティヴで使ってる道民の皆さん、
文章に書く時「っ」を入れるのはやめようや。。。

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2

宗次郎さん 

11月22日、7年ぶりに見る宗次郎さんのコンサートでした。


名寄市ホテル内の小さなチャペルで定員80人。
一番前の通路側に陣取ったので、
すぐ脇を宗ちゃんが通った! ステージ上の宗ちゃんまでたった2m!

ちょっとミーハーしてしまった(;^_^A


エレピとオカリナの素朴なステージ。
素朴な音色。

やっぱり宗次郎さんの音色はいい。。。
そして、その音から想像したとおりの見た目のオカリナ。
一目見て、その重さや感触までもが伝わってきました。

オカリナらしいオカリナ。

それ以上の言葉は必要ないと思えました。


名寄市のオカリナサークルが中心になって企画したコンサートで
しかも80人限定。
チケットは即完売で当日券もなし。
本当にオカリナが好きな人のためのコンサートということだったそうです。
声かけてもらえて良かった~。




24日の道新地方版に、カラー写真で記事が載りました。

カテゴリ: オカリナ

tb: --    cm: 0

マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル と RINKA 

アイリッシュ音楽の最高峰
マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル札幌公演を聴いてきました。

とはいえ、私にはまったく未知のアーティスト。
アイリッシュ大好きというものの、本場のアーティストでCDをまめに集めてるのは
アルタンだけでした。
でも私の大好きなフィドラーの操さんが呼びたいっ!ていうくらいだもの。
それにRINKAと同じ編成というのも気になっていた。

のびやかで艶のあるヘイズのフィドルと
それに寄り添うようなカヒルのギター。
ステージ上でも椅子をぴったり寄せて、お互いの表情を見ながら
会話をするように演奏する。

アイリッシュを聴くと、繰り返されるメロディーに
ケルトの渦巻き模様に引き込まれるような錯覚を覚えることがしばしばなのですが、
今回のはかなり強烈です。
もうトランス状態。
貴重な演奏を一瞬たりとも聞き逃したくなくて
臨戦態勢で臨んだ私は、終演後かな~~~り疲れていました。

そんなスリリングなステージを見終わった後に、ふっと思い出すのは
やっぱり今日も奥ゆかしかったオープニングアクトのRINKAの演奏でした。
会場のルーテルホール、すごくいいね。
操さんのフィドルの音がいつもと違ってました。
「Black Diamond」を生で聴いたのは初めて。
ずっと聴きたかったんだー。(嬉)


会場には見知った顔がいっぱいで、さながら同窓会?(笑)
懐かしい人にも会えてうれしい夜でした。

カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 0

ああ、、悔しいなぁ。。。 

日本シリーズ。
ファイターズ負けちゃいました。
今日の試合は残塁ばっかりで、見てて苛々したなぁ。
なんか・・・みんな元気なかった?

むかーしは野球なんて全然興味なくて
放送時間が延長になれば、見たいドラマが見れなかったり、で、
野球中継ほど恨めしい番組はなかったのですがね、
来シーズンまでの約半年、今はまじで退屈~。って気分。


今年1年お疲れ様~。
また来年がんばろう!

カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0