04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

白い色は赤福の色 

名古屋のギタリストてんこちゃんとの遠距離デュオ『白い赤福』です。
新作できますた。

偶然にも使用楽器も赤と白!(爆)
紅白オカリナ



カテゴリ: オカリナ

tb: --    cm: 2

旅の終わり 

初めて陶器のオカリナを買ったのが高1の時。
それから30余年、自分に合う1本を探してのジプシー生活。


それももう終わり。。。


               かな・・・?


おにゅー





カテゴリ: オカリナ

tb: --    cm: 0

エリーゼのために   Vivid Surround Theater 

友人の萩原悠氏が主宰する音楽サークル
Vivid Surround Theater作品です。
DSCF2080.jpg

台詞がそのまま歌詞になる、ミュージカル仕立てのおはなしCDww
タイトルのとおり、ベートーヴェンの名曲が、
それとは解らぬように、あるいは解るように、随所にちりばめられております。

通しのストーリーや人物像にいまいち感はあるものの、
エリーゼが病に伏した原因は
偶然か運命か、はたまた悪魔と取り引きしてしまった等価交換wなのか?
VST第2作『自由平方空間メートル』でも、ミステリちっくな伏線を張ってくれた
マーミン氏が脚本に関わっているので、いかような取り方もできます。
今回も伏線がしっかりと・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

萩原氏とはネット上で知り合い、その曲に惚れ込んでVSTの作品は全部聴きました。
これまでの5作品は、全部傾向が違うバラエティに富んだもの。
次回も楽しみにしてるよ!




“いつでも君を思っているよ。 君はひとりぼっちじゃないよ”

といったことを、誰でも一度は口にしたことがあると思います。
人を思う気持ち、思いを信じる気持ち は大切なものだと思います。
でも思ってるだけじゃあ、ね。
気持ちがあるなら伝えなきゃ。
どんな方法でも。







カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 0

いつもポケットに・・・ 

ショパン


・・・じゃなくて、

いつも持ち歩いてる鞄に入っているのは
オカリナじゃなく、これ。

おと丸くん

新富良野プリンスホテルの“ニングルテラス”『おと屋』さんで売ってる笛です。
表に6穴、裏に1穴。
ドから上のファまで出ます。(キーはE♭だけどねw)
底は閉じているため、底近くの横っちょに通気孔が開いてて、
そこを塞げばドより低い音を出すのも可能。
半音は、穴を半分ふさいでね。と言われたけど
指の組み合わせでなんとかやってます。

こんな単純な笛だけど、シューベルトのアヴェマリアだって吹けちゃうんだぜ。



カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 2

春の子どもたち 

DSCF2041.jpg DSCF2043.jpg
これ、植えた憶えがないのです。
たぶん赤ちゃんシラー。
お向かいの庭にあるので、種が飛んできた実生でしょう。

白い花はサンギナリア。
これも斜め向かいのお庭から遊びに来て、そのまま養子になりますた。
名前がわからなくて、葉っぱの特徴でぐぐりまくって調べました。
ビバ検索エンジン!ww


DSCF2048.jpg DSCF2049.jpg
こちらはクロッカス。
これも、日当たりが悪いので放置プレイの裏庭でいつの間にか育ってました。
こんな荒地に咲いてくれてありがとね。


DSCF2045.jpg DSCF2047.jpg
これはちゃんと植えたものです。
まだ充分開ききってないけど、いい香りがする風信子。←漢字で書くとこうなるんだよー。
植えっぱだから痩せてきてる(汗)

蝦夷紫躑躅は、今年は花付きがいいぞ♪



カテゴリ: 庭の花

tb: --    cm: 5