06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

送迎バス 

健康ネタが続きまする。



町内回覧板でお知らせのあったがん検診に行ってきた。
自家用車(死語w)で行っちゃえば時短になるのはわかっていたが、
積読本消費の時間を作りたかったので、送迎バスに乗ってみた。

結果・・・惨敗 orz

揺れる車内で本を読んでたら酔って気持ち悪くなった。
さらに追い討ちをかけるように襲い掛かるオバサマたちの香水!
(病院行くのになんで香水だよ、意味あんのか、それ!?)



この年で初めてマンモグラフィーしてきますた。
痛いぞと評判の検査だけど、
乳腺も退化してるらしく、全然だいじょぶですた。
ピンクリボンの仲間入りでR。




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2

検査結果 

2~3ヶ月前から足の親指が痛い。
何もしてないのに波のように鈍痛が寄せては退いていく。

ま、ま、まさか痛風ですかい!?
激痛ではないけど、周りも ビールはダメよ!いくらもダメよ!と盛り上げてくれる(汗)

じゃあ早く検査しなくっちゃあ! ついでに肝機も調べとこう。













結果・・・。

尿酸・・・正常範囲ですた。ヨカタ

ならこの痛みはなんなんだしょ。。 単に関節痛?
そして今日も胃痙攣。




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

虚脱感 

せっかく職場の飲み会でビアガーデンに行ったのに
持病の胃痙攣が出てしまい、なんも食えんかった残念な俺・・・orz


食えなかったことが哀しいのではなくて、(^_^;)

楽しかった追分が終わり、日常に戻ったわけですが
あまりにも日常的な日常で、虚脱感。というか、呆けてる。というか・・・。

これは、2年前のソレイユの丘でのオカリナ交流会後に襲ってきたものと同じですな。
世界中から見放されたような虚無感と、
自分は何もできないんじゃないかという無力感。
このブログにしたって、一番見て欲しい人からは蟲し続けられている真実は残酷だ。

胃の痛みも手伝ってのえらいマイナーな俺だすが、
まぁ、本来はほっといたらどこまでも堕ちていく奴ですから。
  けっこう頑張って生きてんだぜ。


明日も仕事ー。 よい子は寝るぢかん。(22:35)




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

庭のお客様 

こないだね、烏揚羽も来たさ。 んで、、


オレガノにたかるみなさん 孔雀蝶
オレガノの花が最盛期です。
するとそこにちょうちょがびっしり。
目玉模様のクジャクチョウが居座っております。
マクロで撮影しても逃げない。 ひたすら吸いまくってゐらっさる・・・。

豹紋
ヒョウモンチョウもキタ━(゚∀゚)━!!
こないだの蛹の中の人。
ただ、種類が特定できない。。 羽裏の写真も撮れればいかったのだが。。。
なんとなくコヒョウモンっぽくもあり。

逆八蝶・表 裏
で、お初にお目にかかります。 サカハチチョウさんです。
裏の筋模様がちょときもい?


今年、一眼レフを導入して望遠レンズも使い始めました。
いや~~、便利だね! 後ボケもきれいだし。 はまりそ♪



 

カテゴリ: 庭の花

tb: --    cm: 0

約束の地 

7/17~18は追分ラッキーフェスティバルでした。
20年以上続いている不思議なイベント。
きさちんは2回目の参加です。
関係者各位、今年もお疲れ様ですた。

エントリー一覧
健さんとの“だるしヶ丘”。 だるそうな名前ですにゃ(^^;

麦々堂の特製パンが人気でした。
ケルトの出土品ソプラノF




きさりん
埼玉から参加のオカ友・りんさんとのデュオ。


ロケットール RINKA
朝サンタさん
トロ
トールさんやリンカやサンタ小村さん、まんどしまなどのいぶし銀の演奏は、
ほんとに聴かさってしまいます。(←ほかいどー弁)

追分の縁起物
去年は雨のためエア餅つきでしたが、今年はリアル餅つき!
りんさん、搗き手に指名されました(羨)


終わった早々、来年は何やろっかな~~・・・と考えるわしはやはりヘンだと思ふ。。
こんな私に誰がした(爆)


帰りは無料キャンペーン中の高速で帰宅。
なんと高速道路デビューです。
80~90出してるのに都市間バスにびゅんびゅん抜かれてビクーリですた。
あんなスピードで札幌-旭川間を休憩なしで2時間走り続ける運ちゃんはプロだっ!






 

カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 1

ロケットシスターズ in 富良野 

きさっち大好きユニットの『ロケット姉妹(シスターズ)』です。

富良野市内の野良窯さんというギャラリーでのライブでした。

姉でギター・ボーカルの扇柳トールさんと
妹のアコーディオン・ボーカルのタテヤマユキさんの
女性デュオです。

え? ギターはオヤジじゃないかって?
女も50になれば、髭くらい生えるのです(嘘)。

ロケット姉妹

いつもながら、丁寧に丁寧に、詞の世界に入り込んで歌うユキちゃんは私の憧れです。




カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 0

庭のこどもたち 

“家族”カテゴリですが、
いちおうペットみたいなものですから(^_^;)


蛹ちゃんです。


紋黄蝶

毎年来てくれてるモンキチョウさん。
今日も我が家から3匹が飛び立って行きました。



豹紋
 
お次はこれ。

初めて見たよ、あなたはだぁれ? まっくろくろすけ?
金色に輝く突起がゴージャス。
検索してみたところ、おそらくミドリヒョウモンか、オオウラギンスジヒョウモン
(たぶん後者)
うちのスミレの葉っぱを食らうのはオマエか・・・っ!

実はこれ、草むしりしてる時に引っこ抜いた茎に付いてたんですよ。
野菊のしっかりした部分に引っ掛けておいたのですが、
逆さまだったようです。(;^_^A
本来はぶら下がり状態のよう。 あとで直しておこうっと。

なかなか楽しい夏の庭♪




カテゴリ: 家族

tb: --    cm: 0

小心者です 

予定のイベントが近づくと、物凄い失敗をしてしまうという夢を必ず見ます。
それはもう、子どもの頃からのことで、
遠足前や文化祭や体育祭、入試前なぞ言わずもがな。。
それほど蚤の心臓death!

先月のヨサコイの時には、出発20分前なのに全然荷作りしてなくて滝汗( ̄□ ̄;)とか。。。
今回はですね、
あと5日後に迫った“追分ラッキーフェスティバル”という音楽イベントに行くのでありますが、

全然忘れてたけど、フェス当日の7月17日は実は私の分娩予定日だったので
参加できましぇ~~~ん!!

というおマヌケな夢を見ますた。

もちろん私は妊娠はしておりません
(腹は出ておりますが、年齢的に想定の範囲内という残念な現実・・・orz)


きちんと準備をしていれば、こんな冷汗な夢も見ないで済むのかな~、、
でもあり得んな、わしの性格だもな。
日ハムの金子くんだって、
最悪の状況をまず考えてそこからどう立て直すかをイメージする。
って言ってたも~ん。
だから、



・・・練習しる。




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 2

空の巣症候群 

ポストの中の、ハチのムサシは飛び立って行った。。。
(ToT)/~~~ さよーならー



カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 7

ストラディヴァリウス 

住友生命さん主催のチャリティコンサートの招待券を頂いたので行ってきました。

演奏者は千住真理子さん。



十ウン年前、NHKの趣味悠々で講師をしてましたねー。
彼女のことはその時のプロフィールしか知りませんでした。

クラシックはよう聴かないし、ましてやヴァイオリンを単独で聴くこともあまりない。
今回のストラディヴァリの価値は、私なんかにはわかりません。

でも、大変心地よい音楽ここ、重要)でした。
曲目も、絶対聴いたことのある、おなじみの曲ばかりだったし。

楽器の力を最大限に引き出すかのような真理子さんの演奏は
大変男前でカッコイイ!!

アンコールでは、住友生命のテーマソング『まぁるいいのち』の演奏も。
ストラディヴァリでイルカだよ~、贅沢!ヾ(≧∇≦)〃 ←元・イルカファンw


招待券くれた人、連れてってくれた人、ありがとうでした。 <(_ _)>




カテゴリ: 音楽

tb: --    cm: 4

一番好きな 

花がこれでございます。


Linum usitatissimum
亜麻の花。


むかーし、「りぼん」で連載していた太刀掛秀子氏の『花ぶらんこゆれて』という漫画で
花は青いのだと知りますた。(気がつくと30年以上前だわ・・汗)
亜麻色は花の色ではなかったのだね。

その後、偶然亜麻の種を入手。
以来ずーーっと咲かせ続けています。
当初は庭を持っていなかったので、鉢植えしたり、友達んちで咲かせてもらったり。

富良野周辺の花畑でも栽培されるようになり
札幌の苗穂周辺でも沿道に亜麻ルートができたりと、
最近はよく見かけるようになったかな。

当別町の亜麻まつり、一度行ってみたいのですが、
朝4時頃に出発しないと開花時間に間に合いそうにないですね(^^;
10時過ぎには散っちゃうので。。。


・・・あ、うっかり。
今年は7月11日でつか。。
仕事入ってますた。 ガクシ




さらに、
デコ氏と言えば、氏の漫画で出逢った花が、他にも庭に植わっています。

『ほろほろ花の散る中で』のエニシダ。
『まりの、きみの声が・・・』の桔梗。

影響されやすいっつーか・・・(;^_^A

ラベンダーはもちろん筒井康隆氏です。




カテゴリ: 庭の花

tb: --    cm: 4