FC2ブログ

シーリーノート

Welcome to my blog

Archive2016年09月 1/1

茎から繊維へ

亜麻の茎から繊維を取る手順は、1、表皮を腐らせる(レッティング)2、茎の木質部を砕く(ブレイキング)3、叩いて茎の殻を落とし、かつ繊維をしなやかにする(スカッチング)4、ブラシで梳く(ハックリング)と進みます。ヨーロッパの作業動画なんかを見ると、大きな束をガシガシ砕いて叩いて・・・となんともゴーカイなのですが、うちでは室内作業ということもあり、あんまり部屋を汚せない。。。そこで、数本ずつを手作業で...

  •  0
  •  -

丁寧な仕事をしましょうね。

3種のレッティングの違い。右から、地面で腐らせたもの。30度超えの真夏にあっという間に発酵したもの。丁寧に水に沈めたもの。なんか違いが明らかです。右端のはそのつもりがなくて意図せずして地上で繊維になっちゃったんです。言うなれば「ナチュラルレッティング」?真ん中は早く繊維を採りたいと焦ってしまったんですね〜。腐敗臭がすごくてびっくりしました。で、今年の気づき。d(•_•)もともと冷涼な気候に育つ亜麻です。水...

  •  0
  •  -