07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ぴーちゃんの病気 

2001年のたぶん5月生まれのセキセイインコ・ぴーちゃん。


これまでに病院のお世話になったのは2回。
1回目は若鳥の頃、原因不明の血行障害で保温と酸素吸入で改善。
2回目はおととし、食用油の鍋に落ちて全身油まみれになった時。
いずれにしても、病気というものではなく、
とにかくこの歳になるまで元気な子でした。

4月に入ってから、なんとなく歩き方がぎこちないなと感じることがありました。
なんだかスキップしてるような・・・?
4月下旬頃から右脚に力が入らないようで、跛行も見られました。
というわけで病院へ。
視診触診ともに異常はなく、とりあえず消炎剤と鎮痛剤をもらって。
薬を飲み始めてからは元通りにちゃんと歩くようになったので一過性のものかと安心したのも束の間。
薬が無くなるとまた右脚の挙上と跛行が始まりました。
なんとなく関節も腫れていると思い、再受診しました。
すると、前回には見られなかった白い瘤が。
「年齢から言って、痛風かもしれません」
えっ、鳥にも痛風があるの!? 餌が悪かった!?
しかし人間の痛風とは違い、タンパク質のいわゆるゴミである尿酸が排出されずに溜まっていくものらしい。
年齢を考えると仕方の無いこと、だとも。。

ドクターが瘤の一部を採取して顕微鏡で見せてくれました。
針のような細かい結晶が見えました。
これが痛みの原因なんだって。
で、痛風の治療薬と前回と同じ鎮痛剤をもらって帰宅。
痛風結節は残念ながら増えてきています。
少しでも進行を食い止めるのと、とにかく痛みを取ってやりたいね。
で、いっしょけんめ薬を飲ませています。

そして13年間慣れ親しんだ鳥かごも替えました。
今までのは段違いになった止まり木に結構な高低差がありましたので。
今度のは十姉妹や文鳥用のカゴかな? あまり高さがありません。
止まり木を低い位置にして床にはハムスター用のおがくずを敷いて。
引っ越しを嫌がるかと心配でしたが、意外とすんなり転居終了w


お腹の毛もはげちゃって、本当におじいちゃんなんだな〜。。


カテゴリ: 家族

tb: --    cm: 1

« お疲れ様でした  |  アルパカかわいい »

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # | 
2014/05/21 18:14 * 編集 *

コメントの投稿

Secret