02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

丁寧な仕事をしましょうね。 



3種のレッティングの違い。

右から、地面で腐らせたもの。30度超えの真夏にあっという間に発酵したもの。丁寧に水に沈めたもの。

なんか違いが明らかです。
右端のはそのつもりがなくて意図せずして地上で繊維になっちゃったんです。
言うなれば「ナチュラルレッティング」?
真ん中は早く繊維を採りたいと焦ってしまったんですね〜。
腐敗臭がすごくてびっくりしました。

で、今年の気づき。d(•_•)
もともと冷涼な気候に育つ亜麻です。
水に浸けるのは気温20度以上を見計らって・・・という記述もありました。
30度の真夏なんて暑すぎるのよね。
収穫してすぐに作業を始めなくても、少し涼しくなるのを待ってからでも充分。
いっぺんにやろうとしない。 翌年に回したっていいんだから。

・・・な〜んて反省をしたけど、だってねぇ、自分の畑から早く糸を作りたいじゃない?(^_^;)
でも繊維の取り出しには冬中かかると思う。
どのみちゆっくりとしか進めないのです。


カテゴリ: 亜麻

tb: --    cm: 0

« 茎から繊維へ  |   »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret