02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

葛の栞 

札幌で山野に自生する葛のツルから繊維を採り、帯などを織っている女性がいます。
その方の展示会にお邪魔してきました。
お会いして作品を見るのは2度目。



今回は小さな布の作品展。
木枠の織り機で織った小さなものばかりでした。
ご本人は「見ごたえ的には物足りないかも・・・」とおっしゃっていましたが、大きな作品を作った後に残る、本人曰く『葛のクズ』(笑)をも愛しんで創られた小さな作品たちは、しっかりとした存在感があります。
経糸に亜麻やイラクサを使った珍しい作品もありました。

IMG_2057.jpg

今回求めた栞は、藍・蓬・茜でほんのりと染められ、北海道の冬を思わせる色合いです。
とても薄いのに張りがあってそして軽いのです。
うっかり落とさないように大切に使おうと思います。

また、同じく展示会を見に来られた亜麻工房の主宰者さんとお仲間さんたちにもお会いできました。
私の今年の繊維と途中まで紡いだ糸を見ていただきました。
いろいろ役立つ情報も頂戴しました。
時間がなくてバタバタしちゃったけど、とっても充実した時間でした!




カテゴリ: 日記

tb: --    cm: 0

« 眼精疲労  |  紡ぎ開始 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret